futabooo blog

色々手をつけすぎてすぐに忘れるので備忘録

Raycastを使い始めて見た感想メモ

はじめに

こんにちは!こんにちは! 最近は会社からの貸与PCがM1になってバ美肉に精を出しています。

さて、これまで僕はMacのランチャーアプリはSpotlightしか使ったことなかったのですがRaycastに手を出してみました。

Raycastとは

高機能ランチャーアプリです。LPにはこんな感じで書いてあります。

Raycast is a blazingly fast, totally extendable launcher. It lets you complete tasks, calculate, share common links, and much more.

www.raycast.com

似たようなのだとAlfredとか結構前からあります。

Alfred - Productivity App for macOS

よく使う機能

Create Database Page | Notion

Notionの特定のDBに新規ページを追加できるextensionです。

こんな感じでNotionのDBに入ってきます。

My Schedule

スケジュール管理のためのextensionです。Raycastのチュートリアルを進めると入れることになるのですが、便利なので入れてよかったです。

見たまんま予定の一覧が表示されたり、meetのURLがある予定ならここから参加できたりします。(加工したかったので画像で🙏) 今回のキャプチャにはないんですが、予定の直前でRaycastを呼び出すとすべての項目の一番上にその予定が表示されるのでmeetに参加したいときとかシュッといけます。

Clipboard History

名前の通りクリップボードの履歴を呼び出せます。snippetに保存とかもできます。

Search Project Manager | Visual Studio Code

VSCodeのProjectManagerというextensionと連携されるextensionです。VSCode側にもextensionを入れておくと、そのextensionに登録したプロジェクトをRaycastから開けます。devcontainerがうまい開けないのでやり方知ってたら教えてほしいです。

marketplace.visualstudio.com

おわりに

Spotlightでできることは当然できるので計算とかもできます。

まだ自分は使えてないのですがaliasやhotkeyの機能もあるのでRaycastのWindowをすっ飛ばして目的のことができるようにもなりそうです。

今の所無料ですが今後どうなるかわからないですが、その時は課金しても使い続けるかもなーという所感です。

会社でチームトポロジーの輪読会をした

最近話題(出遅れてる?)のチートポ本のオンライン輪読会を10X社内でやりました。

輪読会とは

wikipediaには読書会の一つの形式として書かれていました。

輪読会式: 特定のテキストを一区切りずつ読んでいく方式

読書会 - Wikipedia

(読んでみたら自分たちがやってたのは輪読会ではないのかもしれない。。)

今回我々は事前に指定した範囲は各自読んでくる、輪読会当日は読んできた内容を元にディスカッションするというような形式を取りました。

進め方のところで詳細を記載します。

Why 輪読会

10Xは人が増え、自分が入社した2年前から4xぐらいの人数になっています。人数が増えればチームが増えるので今後の組織を考える時期に来ています。そこで輪読会でチートポのチームタイプやインタラクションを学ぶことで共通認識をつくり、組織の話のコンテキストを合わせて議論をスムーズにしたいという狙いがありました。

輪読会の進め方

大きな流れは下記のように進めました。

  1. 事前に対象範囲を各自読んでおく
  2. 当日はジグソー法を使って対象範囲の要約を参加したメンバーで作る
  3. 会自体のふりかえりをする

事前に対象範囲を各自読んでおく

実は輪読会1回目は集まってその場で対象範囲を読むという方法でやってみたのですが、ふりかえりで事前に読んできたほうが時間を有効に使えそうということで2回目から各自事前に読んでくる方法に変更しました。

ある程度個人への負荷が増えてしまうんですが、これがいい塩梅の緊張感になって参加メンバーには好評だったので以降事前に対象範囲を読んでおく方式で進めました。

当日はジグソー法を使って対象範囲の要約を参加したメンバーで作る

ジグソー法とは、協同学習を促すためにアロンソンによって編み出された方法である。 1つの長い文章を3つの部分に切って、それぞれを3人グループの1人ずつが受け持って勉強する。 それを持ち寄って互いに自分が勉強したところを紹介しあって、ジグソーパズルを解くように全体像を協力して浮かび上がらせる手法。

ジグソー法

ジグソーパズルを解くように全体像を浮かび上がらせることからジグソー法という名前がついたようです。

流れは下記のように進めます。

  1. ジグソーグループと呼ばれるグループを複数作り、コンテンツを分割して担当を分ける
  2. 同じ部分を担当する別のジグソーグループの人と集まってエキスパートグループを作る
  3. エキスパートグループで読み込みと議論を行い、理解を深め合う
  4. ジグソーグループに戻り自分の担当する部分を説明する

図で表すとこんな感じです。最終的にいくつかのグループでの要約が作成されます。

ジグソー法

CoREFプロジェクト推進部門 知識構成型ジグソー法

余談ですが学生の学習法としてジグソー法での学習と宿題では学習成果に5x程度の差があるようです。(画像上の方の赤い枠がジグソー法、下の方の赤い枠が宿題)

visible-learning.org

会自体の振り返りをする

輪読会の最後には5分程度もっと会自体をよくするためにはどうするのがよいかふりかえりを必ずしていました。会を進めるごとに改善された内容をいくつか紹介します。

  • 当日集まって読むのをやめて事前に読む方式に変えたことで議論に時間をたくさん使えるようになった
  • GoogleMeetのブレイクアウトルームを使ってジグソーグループを作っていたが録画できず参加できなかった人が議論を見れないので事前にジグソーグループ用とエキスパートグループ用のURLを発行しておいて各自分かれるスタイルにしたことで録画できるようになった
  • カレンダーの招待をしていても開催時間が朝で突然予定が入ってこれないなどがあったのでリマインダーを設定することで人数を事前に把握できるようになった

輪読会をやってみて

オンラインでの輪読会は初めての試みだったのでうまくいくか不安でしたが、参加者のOwnershipにも助けられて会を重ねるごとにロジが洗礼されていき良い形の輪読会が作れたと思います。また、チートポ本を題材に選んだことで10Xの場合は〜というように議論が発生したので当初の目論見であったコンテキストを合わせるということもできたと思います。

アウトプットの一部を紹介します。既存の組織間のインタラクションモードのAsIsとToBeみたいな整理がされていて各インタラクションモードは共通認識としてどういったインターフェースでやりとりするのかをメンバーは理解しています。(ほぼモザイクですがw)

一方で参加してない人には本の中の言葉はスッと入ってくるものではない(参加者もカタカナにやられ気味だった)ので10X内部で使う用語に落とし込めるといいよねというようなふりかえりもありました。

共通認識をつくるための輪読会、おすすめです。

電気代見直しのために直近3ヶ月を振り返る

※追記 公開後に計算間違ってたことがわかったので表を更新した。今の生活のままだと会社とプラン変えるだけでは安くならなさそう、、、

固定費の見直しをするためにひとまず電気代見直しをしてみました

まずは現状を把握しないことには改善もできないので直近3ヶ月の時間帯別使用量を出してみるとこんな感じでした。こうまで時間帯の傾向がちゃんとでるのおもろい

いま使ってる東京ガスのずっとも電気1プランとその実績を元にシン・エナジーの基本プラン、夜生活フィットプランだった場合で比較をしてみたのがこちらです。そもそも電気使いすぎでは?みたいのはまぁあるけど寒い時期で暖房ガンガンつけてたのでしょうがないね

18-22の使い方が料金にかなり影響してそうなことがわかります。 最安叩き出してるシン・エナジーの夜生活フィットプランにするのが良さそうだけど、その場合22時過ぎてから洗濯機動かしたり食洗機動かしたりするのが良さそう

手順

一旦myTOKYOGASにログインして時間別使用量の画面を開きます

このへんとか開けば良いです

https://members.tokyo-gas.co.jp/api/mieru/elecGraphJson.jsp?xAxis=hourly&customerNo=0&supplyPointSpecificNo=0&xAxis=hourly&date=2022040123

inspector開いてリクエストをCurlとしてコピーを選びます

あとはレスポンスから必要な値だけとってきてcsvにしておきます

実際にcsvにするときこんな感じで月を指定して日付分for回してみたいにやりました

month='02'
for i in `seq 1 28`
do
  day=`printf %02d $i`
  curl 'https://members.tokyo-gas.co.jp/api/mieru/elecGraphJson.jsp?xAxis=hourly&customerNo=0&supplyPointSpecificNo=0&xAxis=hourly&date=2022'${month}${day}'00' \
    -H 'authority: members.tokyo-gas.co.jp' \
    -H 'accept: application/json, text/javascript, */*; q=0.01' \
    -H 'accept-language: ja-JP,ja;q=0.9,en-US;q=0.8,en;q=0.7' \
    -H $'cookie: {コピペした時の値が入る、セッションIDとか入ってる}
    -H 'referer: https://members.tokyo-gas.co.jp/services/mieru/electricity.html?no=0&date=202205' \
    -H 'sec-ch-ua: " Not A;Brand";v="99", "Chromium";v="101", "Google Chrome";v="101"' \
    -H 'sec-ch-ua-mobile: ?1' \
    -H 'sec-ch-ua-platform: "Android"' \
    -H 'sec-fetch-dest: empty' \
    -H 'sec-fetch-mode: cors' \
    -H 'sec-fetch-site: same-origin' \
    -H 'user-agent: Mozilla/5.0 (Linux; Android 6.0; Nexus 5 Build/MRA58N) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/101.0.4951.64 Mobile Safari/537.36' \
    -H 'x-requested-with: XMLHttpRequest' \
    --compressed | jq -r '.hourly.thisHourAmounts | @csv' >> $month月.csv
done

まとめ

なんとなく安くなると思ってたけど使い方気をつけないと高くなりそうなことが分かって良かった

時間帯別料金は時間を意識して使えば安くできそう(それはそう)

東京ガスは日別はcsvで落とせるので時間別も落とせるようにしてほしい!

参考

home.tokyo-gas.co.jp

www.symenergy.net

断熱・結露対策などで内窓を検討してるので補助金について調べた

内窓をつけるとエコなのでいろいろなところが補助金制度をやってるようです。

国土交通省

こどもみらい住宅支援事業という補助金制度があります。

www.ecoglass.jp

最大で30万円まで補助されます。 新築の場合とリフォームの場合で条件が異なります。 自分はリフォームで検討しているので条件は下記になるようです。

  • 所有者等が工事を発注(工事請負契約)するリフォーム
    • 所有者等とはリフォーム住宅の所有者(法人を含む)、居住者又は管理組合、管理組合法人を指す
  • 別途定める事業者登録を行った後に工事着手するもの

2点目については下記から登録事業者として公表されている事業者か、公表されていなくても対応している事業者である必要があります。

kodomo-mirai.mlit.go.jp

こどもみらい住宅支援事業補助金の申請は工事が終わった後に事業者側で手続きが可能なので、こちらとしては普通に工事してもらうだけでいけます。 一回補助金引かれる前の金額を払う必要があるのはちょっとしんどいかもですが、手間は少ないのでよさそうです。 また申請を事業者がやってくれるので手数料がかかる場合がほとんどのようですが金額はバラバラみたいです。 不動産系ってどうしてこういう謎の手数料がかかるんですかね。

f:id:futabooo:20220414111145j:plain

リフォーム | こどもみらい住宅支援事業【公式】

東京都

家庭における熱の有効利用促進事業(高断熱窓・ドア)というのがあります。 ただしこちら2022年度の新規受付は2022年3月7日で予算消化によって停止しており、2023年度にまた予算がおりて新規受付開始されるかは2022年4/14時点ではわかっていません。

年明けまで予算が余っていたらしく、2022年1月〜3月の間に申請していた場合費用の最大1/3を補助してくれてたようです(通常1/6だったので倍額)。

同じ条件でまた受付される場合、国土交通省補助金と併用可能(上限額が低くなる)なので合わせて申請することでより費用を抑えることが可能になります。 注意点としては東京都の補助金は工事前に自分でやる必要があることで、補助金申請に必要な資料を集めて手続きするのは正直面倒です。

www.tokyo-co2down.jp

区ごと

区によって補助金が出る制度が存在する場合があります。こちらも併用可能ですが、上限額が低くなります。 例として墨田区江東区、港区の補助金に関するリンクをはっておきます。

条件や金額、提出書類などは区によって異なるので詳細はリンクを確認してください。 こちらも基本的には工事前の申請を自分でやる必要があるので注意が必要です。

www.city.sumida.lg.jp

www.city.koto.lg.jp

www.city.minato.tokyo.jp

まとめ

全部併用可能なのすごいですね。申請の手間を考えてどこまでやるんがよいか検討しようと思います。

2021年の振り返り

2021年の振り返りをTwiiterの投稿とともにしたので残しておきます。 これまで単純に時系列で並べてたけど今年はカテゴリを切ってみようかとおもって構成を少し変えています。

次のような感じでTwitter検索すると1ヶ月ごとの自分のツイートを振り返ることができます。

from:[your account name] since:2021-01-01 until:2021-01-31

プライベート

2021年は娘が生まれたり、中古マンションを買ったり、延期していた結婚式をやったりプライベートは大規模なイベントが目白押しでした。 結果的に大前研一さんの人が変わる方法の3つをすべて満たした年だったんじゃないでしょうか。

仕事

実質3月末から9月までは育休をいただいていたのであんまり仕事関係でつぶやいてることなかった。 2020年7月に10Xに入社して10月ぐらいからやってた薬王堂さんのリリース案件を半年ぐらいやって育休入ったので2021年10月に復帰したときはまた新入社員みたいな気持ちだったのを覚えています。会社の規模や状況がガラリと変わっていた。

砂場活動

もうちょっとGCPとFlutterとDartの砂場活動を増やしたい。 あとSQLはROIが高いのでもう一度ちゃんと学ぼうと思って年末からやり始めた。

総括

全体的にツイート少なめでTwitterやってる場合じゃなかったことがうかがえる。 細切れの時間が増えてきたのでいかにその時間をうまく使っていくかが今後の鍵。 とはいえなんかまぁめっちゃいい1年だったと思います!!

おまけ

年間でトップインプレッションだったツイート(2万ぐらい)

1年延期した結婚式を無事終えたので式に欠かせなかったツールを紹介する

先日1年延期した結婚式を無事終えることができました。 準備とか当日のこととかエモーショナルな話も気が向いたら書くかもしれませんが、今回は式をすすめる上で欠かせなかったツールを紹介したいと思います。

studio.design

Web招待状としてstudio.designにお世話になりました。紙で参加者全員に送るのは住所聞いたり返信を待ったりするのがダルすぎてやりたくなかったのでWebで済ませたいなーと思っていました。 最初は適当にドメイン取ってホスティングするかーぐらいに思っていたのですがstudio.designが最高すぎたのでそちらで完結させました。

studio.design

studio.designのいいところはこんな感じです。

  • ドラッグドロップである程度いい感じにデザインが作れる
  • レスポンシブデザインもある程度いい感じに作れる
  • Formが使える
    • 画像集めたりもできる、GoogleFormだと投稿する側にgoogleアカウントが必要なのでしんどい
  • サブドメインなら無料で変えられる

実際のページはスマホ版だとこんな感じです。

f:id:futabooo:20211122231851j:plain

親族などは紙の招待状を送ったりしたので全く無くせたわけではなかったですがだいぶ楽になりました。

電子決済

ご祝儀の事前電子決済方式を取りました。当日のやりとりを減らして接触をへらすためです。 受け取り方法としては下記を用意しました。

  • 銀行振込
  • LINF PAY
  • PayPay
  • Kyash

銀行口座以外はQRコードを発行できるので、studio.designで一つページを用意してそこにすべての決済方法を記載しておき、支払側に選んでもらう方法を取りました。結果としてほとんどの人が銀行振込でした。振込手数料がかかるので銀行振込以外の方法が多いと思ったので想像と違ったのですが、銀行によっては振込手数料無料枠で行けたりするのでありだったのかもですね。他方でたとえ振込手数料がかかったとしてもご祝儀用の袋買うのに100円はかかるし、必要経費っていう感じなのかもしれません。

これは余談ですが事前決済方式を取ることで自分たちのキャッシュフローが改善されるのでおすすめです。ローンとかも紹介されるけどいらなくなります。

Adobe Premiere Pro

余興は主に動画を作って流しました。 オープニングムービーではプロのお笑い芸人さんに書いてもらったネタを自分たちでやって取った動画をM-1風に仕上げたものを流したり、中座中は参列いただいた方々を紹介するyoutuber風の動画を流したりしていました。これらの動画はAdobe Premiere Proを使って自分で編集しましたが、なれると結構簡単なのでもしこれから結婚式を控えていてオープニングムービーを作ろうと思ってる人がいたら試してみるのもありだと思います。1ヶ月だけとかだったら3千円ぐらいでいけるみたいなのでそんなに高くないと思います。

画像として切り出しましたがM-1風とかだとこんな感じです。

f:id:futabooo:20211122234101j:plain

これはツールではないんですが、席次表、席札、ウェルカムボードなどペーパー類はすべて妻が作ってくれました。 改めてこの場で感謝を伝えておきたいと思います。

f:id:futabooo:20211114144040j:plain

もし依頼したいとかあればTwitterDMとかください、聞くだけ聞いてみます。

おわりに

今回できなかったですがエンジニア結婚式あるある的な写真をアップするwebアプリとか笑顔に点数つけるやつとかも作ってみたかったですがなかなか時間をとるのも難しかったのでこれまで作ってきた人は尊敬します。 効率的にやれるところはもっとあったかもしれないですがまぁうまくやれたのではないかと思います。

flutter doctor -vしたらRun `path/to/sdkmanager --install "cmdline-tools;latest"`しろって怒られた時にやったこと

結論やることはここのコメントにある内容です。 stackoverflow.com

以下自分の作業の流れをメモ

怒られる

(*'-') <  flutter doctor -v
[!] Android toolchain - develop for Android devices (Android SDK version 30.0.3)
    • Android SDK at /Users/futabooo/android
    ✗ cmdline-tools component is missing
      Run `path/to/sdkmanager --install "cmdline-tools;latest"`
      See https://developer.android.com/studio/command-line for more details.

mac向けのcmdline-toolsをダウンロードする developer.android.com

ANDROID_HOMEにcmdline-toolsを移動させる

PATHを修正する

-export PATH=$PATH:${GOPATH}/bin:${ANDROID_HOME}/tools/bin:${ANDROID_HOME}/platform-tools:${ANDROID_HOME}/emulator
+export PATH=$PATH:${GOPATH}/bin:${ANDROID_HOME}/cmdline-tools/bin:${ANDROID_HOME}/platform-tools:${ANDROID_HOME}/emulator

怒られない

(*'-') <  flutter doctor -v
[!] Android toolchain - develop for Android devices (Android SDK version 30.0.3)
    • Android SDK at /Users/futabooo/android
    • Platform android-30, build-tools 30.0.3
    • ANDROID_HOME = /Users/futabooo/android
    • Java binary at: /Applications/Android Studio.app/Contents/jre/Contents/Home/bin/java
    • Java version OpenJDK Runtime Environment (build 11.0.10+0-b96-7281165)