読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WhereToStart

色々手をつけすぎてすぐに忘れるので備忘録

cocos2d-xハンズオンを受けたのでメモ

cocos2d-x

頭にCCがつくのが最初気持ち悪かった。
iOSの開発やってる人は馴染みやすそう。
クロスプラットフォーム開発すげぇ!
Unityよりも固めたアプリが軽量。


// シングルタップでは必ずoverride
virtual bool ccTouchBegan(cocos2d::CCTouch *pTouch, cocos2d::CCEvent *pEvent);

// cocosのタッチポイントをopenGLのタップポイントにする。touchPointは構造体(x, y)
CCPoint touchPoint = CCDirector::sharedDirector()->convertToGL(pTouch->getLocationInView());

// 指定された四角形の中にタッチポイントが含まれているかどうかをtruefalseで返す
node->boundingBox().containsPoint(

// フォントの指定で空にするとシステムフォント
CCLabelTTF* timerLabel = CCLabelTTF::create("0.000s", "", 32.0f);touchPoint)

// CCDirectorはシングルトンになっている。画面を統括する唯一のクラス。sharedDirectorでインスタンスを取得してgetWinSizeで画面サイズ取得
CCSize bgSize = CCDirector::sharedDirector()->getWinSize();

// scheduleを使うと毎フレーム呼び出す
this->schedule(schedule_selector(HelloWorld::countTimer));

// getChildByTagの返り値がnodeなのでキャストする
CCLabelTTF* timerLabel = (CCLabelTTF*)this->getChildByTag(kTagTimerLabel);

// flush()までやってsetしたものが次回使えるようになる
CCUserDefault::sharedUserDefault()->setFloatForKey("highscore", gameTime);
CCUserDefault::sharedUserDefault()->flush();

// ボタンが10こあったら最後にNULLを入れる
CCMenu* menu = CCMenu::create(retryLabel, NULL);
広告を非表示にする